広告

転職活動における各媒体の使い分け【転職エージェント・転職サイト・ハローワーク】

転職エージェントと求人サイトとの違い転職ノウハウ

転職活動をしていると、さまざまな媒体を利用して活動することになります。それぞれ目的が違いますので、しっかり理解しましょう。

転職活動の手順【意外と知られていない】

転職活動の手順【意外と知られていない】

 

転職活動には失敗しないための正しい手順があります。

手順通りに行うことで、無理なく、無駄ない転職活動ができます。

 

以下に正しい転職活動の手順を示します。

  1. 転職理由・転職の軸を明確にする。
  2. 転職理由・転職の軸にマッチングする求人ニーズを転職サイトで徹底的にマーケティングする。
  3. 転職活動のスケジューリング
  4. キャリアの棚卸し
  5. 履歴書・職務経歴書の作成
  6. 転職エージェント推薦による求人応募
  7. 年収交渉・内定承諾・退職交渉
  • 上記の通り。

 

転職サイトで「求人ニーズ」をリサーチすること。

転職エージェント推薦で、求人応募すること。

 

上記の2点が、特に重要です。

転職活動で利用する媒体は、いくつあるか?

転職する際に利用する媒体のおすすめは?

 

転職媒体としては、以下があります。

  • ハローワーク
  • 転職サイト
  • 転職エージェント

では、全ての媒体を使って転職活動をすべきなのでしょうか?

必ずしも、そうではありません。

 

自分の希望条件などの活動方針によって、利用する転職媒体を絞り込むべきです。

それでは、各媒体の特徴を見ていきましょう。

 

 

ハローワーク

ハローワーク

 

最もポピュラーな媒体です。

厚生労働省が運営しています。

 

離職したことのある方は、失業手当の手続きでお世話になるところです。

 

  • メリット
  1. ハローワークインターネットサービスで全国の案件検索も可能
  2. 勤務地を優先に探したい方に有利な案件が多数

 

  • デメリット
  1. 応募の際、紹介状が必要で手続きが面倒
  2. 求人案件の質があまり良くない。
  3. 待遇面では、全般的に低い求人案件が殆ど。
  4. 玉石混交で、良い案件を探すのに手間がかかる。

 

 

転職サイト

転職サイト

 

転職サイトは、企業からの求人掲載料でビジネスが成り立っています。

転職エージェントと違って、転職支援をしてくれるわけではありません。

  • 従って、転職サイトは「業界・職種・希望条件」で絞って、転職市場の調査をすることで十分。
  • 求人応募は、転職エージェント推薦の方が効率的。
  • 全て公開求人であり、直接応募可能だが、おすすめしない。
  • 転職サイトから応募すると、年齢フィルターや学歴フィルターで通過しないことがある。
  • キャリアチェンジしたい方は、ハローワークの方が向いている。
  • スカウトメールが来た場合は、あてにせず、DMだと思って良い。

 

 

転職エージェント

転職エージェント

 

当サイトのメインテーマです。

人材紹介会社とも言いますが、転職エージェントの方が通じやすいです。

 

求職者は無料で使えるサービスです。

転職エージェントから企業に入社させて、成功報酬という形で受け取れるビジネスモデルだからです。

 

つまり、転職エージェントにとっての顧客は「企業」です。

転職エージェントの代表の一つで、マイナビエージェントがありますね。

 

無料登録は以下のボタンよりどうぞ。

 

  • 登録までの流れ
  1. ネットなどで転職エージェントを検索し、登録する。
  2. 転職エージェントから連絡があり、面談の日程調整をする。
  3. 面談前に履歴書・職務経歴書を提出し、キャリアプラン、希望条件などを伝える。ここが一番重要
  4. マッチングする求人があれば、面談時に求人紹介される。
  5. 応募から内定までは、必ずエージェントを介して行う。直接企業に問い合わせるのはルール違反なので、注意。
  6. 入社後、約半年ぐらいはエージェントからフォローが入る。

以上より、転職エージェントを使えば、効率的に転職活動を進めることが可能です。

 

無料登録は以下のボタンよりどうぞ。