転職成功者の年齢構成ってどうなっているの?


今回の記事は、 DODA の調査結果を引用させて頂きながら、転職者の年齢構成について考えましょう。

 

平均年齢について

 

DODA『転職成功者の年齢調査(2016年下半期)』より作成

 

グラフ1は、転職成功者の平均年齢の推移です。

時代とともに、年齢が右方上がりに上がっていることがわかります。

転職が昔ほど珍しいものではなくなり、雇用の流動化がおこっているととらえることができますね。

30歳超えても平均的に転職できているので、転職年齢35歳限界説のようなものは、このグラフからも当てはまらないと言えるのでしょう。

ただ、中高年の転職の壁は高いように、このグラフでは見えます。

別の観点からみるとそうではないことがわかります。

 

職種別の平均年齢

DODA『転職成功者の年齢調査(2016年下半期)』より作成

 

グラフ2は、職種別の転職者の平均年齢推移です。

職種によっては、事務系のように年齢の上下が激しいところもあれば、技術系のように比較的変わらない職種もあるようです。

職種でこんな傾向があるとは、はっきりとはいえませんね。

ですが、これでも右肩上がりであることは言えるかと思います。

 

年齢割合は?

 

DODA『転職成功者の年齢調査(2016年下半期)』より作成

では、転職成功者の中での年齢構成はどうなっているでしょうか?

2016年の上半期と下半期との比較ですが、24歳以下、40歳以上が増えているのがわかりますね。

これは私も以外でした。

年齢層は若い方、中高年が転職が活発な層だということでしょう。

その間の中間層に変化はあまりなさそうです。

 

転職回数は?

 

DODA『転職成功者の年齢調査(2016年下半期)』より作成

年齢別の転職回数はどうでしょうか?

24歳以下はほとんどが初めての転職の方ですね。

年齢が上がるにつれて、転職回数も増える傾向があるようです。

昔は35歳転職限界説なんてのがありましたが、中高年の方も今では普通に転職してますね。

中高年の転職の壁もなくなりつつある、と思われます。

それは世の中が転職が当たり前になってきたからです。

転職経験していない方は、かなり少なくなっていると思います。

 

 

いかがでしたか?

転職成功者の年齢構成について、さまざまな角度から見てきました。

結論としては、

・終身雇用制は、ほぼなくなりつつあること。

・転職の機会が年齢が高い方にも十分与えられ、実現できていること

となります。

数年前の政権時とは全く違う様相を呈しています。

転職をしようか悩み続けるなら、行動しても良いのではないでしょうか?

とりあえずは、キャリア相談を受けてみてはいかがでしょうか?