転職理由は明確に


情報収集

今さらながらですが。

このサイトをご覧になっている方は、少なくとも転職に関心があると認識しています。

でもまだ、情報収集段階という人もいると思うんですね。

今回は、情報収集段階の方を主に対象の記事としたいと思います。

つまり、転職の流れです。

エージェントのことは、別記事をご参照ください。

 

転職理由

面接で必ず聞かれる項目です。

これについては、本音と建前があると思いますが、面接時には、前向きな理由をいくつか挙げる必要があります。

転職理由を企業が聞きたがる理由は、主に

  • すぐに辞めたりしないか
  • なぜ、応募してきたのか?

の2点です。

つまり、転職理由は志望動機と受け取って構いません。

企業は、なぜ辞めたかというのは、気にはなるでしょうが、それよりも応募してきた理由のほうが大切です。

転職回数が多い場合は、例えば、職種が一緒ならば、ポータビリティスキルを身につけるため、と明確に言えます。

一つの企業にいることで、スキルアップという点では、見劣りしますから。

 

志望動機

では、転職理由と志望動機は全く同じかというと、意味合いが異なります。

転職理由は、

  • ある企業で働いていたが、理想とする自分の活躍の部署などがなかった。
  • 企業では、より幅広く活躍の場を求められている。
  • そして、自分をより鍛えるうえでも、転職の道を選んだ。後悔はしていない。

など、前向きに話せば良いのですが、志望動機は、

転職理由から繋がる未来の自分がそこに見えたから、ぜひ御社をと思いました。

少々、くさいですがこれぐらい、いっても企業は悪い気はしないでしょう。

そこに、具体的なエピソードを交えて話すのです。

 

面接では物語を作れ

なので、物語の主人公というものは、完璧じゃないことが多いですよね。

b2975c63ac901163ed4d1d6a0ff7926c_s何か足りない。それで、努力する。

そういったストーリーを築き上げることが大事です。

で、面接の場はその役を演じきることです。

少なくとも、一次面接はそれで通るはずです。

最終面接になると、エンジニアでしたら、技術的な突っ込みもあるでしょうから。

コメントを残す