【耳が痛い】中高年の転職市場での評価は?


Sponsored Links



中高年は雇用が回復していても、相変わらず難しい状況です。ただ需要は少なからずあるのです。本記事では中高年の転職について書こうと思います。

Sponsored Links



中高年の転職市場での評価は?

中高年の転職市場での評価は?

 

中高年の方の場合、転職市場ではかなりの経験を求められます

こんなスーパーマンいないだろうという求人票が出されていることもままあります。

 

基本的には「経験を生かして同業界、同職種への転職」の方が有利となるかと思います。

そういった場合はやはり転職エージェントへの登録を行い、キャリアコンサルタントと相談しながら転職活動するのが良いでしょう。

 

まずは転職エージェントと提携している転職サイトに登録することをお薦めします。

高スキルが求められる転職サイトですが、思わぬ企業からスカウトがくるかもしれません。

直接企業からスカウトが来るのは転職エージェントとの違いであり、特色です。

 

■□ 年収1000万円以上の会員制転職・求人情報サイト ビズリーチ □■

 

以下は、管理職向けの求人を多く扱っている転職エージェントですので、35歳以上の登録者が多い転職エージェントになります。

 

JAC Recruitment

 

 

中高年の強みを生かそう

中高年の強みを生かそう

 

中高年の場合、経営に近い仕事を行っていた方が多いと思います。

事業統括本部長のような非公開求人は転職エージェントが数多く保持しています。

 

転職エージェントを使うと決めたら、求人紹介してもらうスキル、実績をアピールする必要があります。

一例としては、転職エージェントが目を引くようなキーワードであなたの職務経歴書を記述する必要があります。

 

中高年の方が強みを持っていないと自分で思っていたとしても、やはりプロに一度は診断してもらうべきです。

コンサルタントは転職は無理だろうなという方には、在職するようにアドバイスするはずです。

 

自分の判断で辞めてしまうと、かなり苦労します。

キャリアチェンジも想定する必要が出てきます。

 

中高年でエージェントからこれといった求人を紹介してもらえない時期が続く場合は、転職が厳しいと認識した方が良いかもしれません。

自分の反省点をあげますと、以下にこだわると、転職にはかなり苦しくなります。

 

  • 給与
  • 勤務地
  • 雇用形態

 

これらのどれかでも譲歩することで、道が開けてくるものです。

中高年の方の場合、未経験の職種であっても、介護、警備のような職種が適しています。

 

優先順位を付けて、経験職の次といった感じで並行して活動するのが効率的かと思います。

どこかの段階でどちらかに絞るのはもちろん必要です。

 

この手の職種は長く勤務することも可能なので、そういう方向も検討に値します。

例えば介護経験ありの方でしたら、以下の転職エージェントに登録し相談をお勧めします。

 

このエージェントは介護に特化した現在業界シェアトップクラスを達成しております。

 

介護士の転職なら「クリックジョブ介護」

 

 

職務経歴書にさらに一工夫を

 

報告書などのビジネス文書を書く場合、普通はある用語があったらそれを文書内で統一して使うのがマナーですが、職務経歴に関しては別な用語でも記述しておくと、場合によっては有効です。

例えば経理をやってましたと書くところを、会計、財務担当と書くと印象が違いますよね。

 

有効なのは転職サイトなどで、企業が必要スキルとして使っているキーワードを参考にすることです。

同じ仕事でも企業に響くキーワードとそうでないものがあるのは事実なので職務経歴書を作成する際はそれを意識しましょう。

 

 

東京しごとセンターのミドルコーナーなら安心!

 

 

あなたが一都三県の東京圏内にお住みでしたら、ぜひ東京しごとセンター に登録することをおすすめします。

 

 

年齢層ごとに対策が異なりますので、登録段階で年齢ごとに分かれます。

そして、転職が決まるまで無料で専任のコンサルタントがつきます。

彼らはパソナの方々なので、コンサルのプロです。

東京しごとセンターのコンサルタントには転職活動方針を相談し、必要に応じて転職エージェントに登録するという方法が良いと思います。

 

正社員未経験大歓迎!利用はすべて無料!東京都内での就職なら!【ミドルコーナー】

 

Sponsored Links